電圧が低い・・・その後と省エネ

近頃、我が家の電圧は99.5ボルト程度。
以前の計画停電時期に比べ、正常化したようです。
画像

ところであの計画停電や夏場の節電は何だったのでしょうか?!
本当に(特に夏場は)電力不足だったのでしょうか。揚水発電などのピーク使用時に対応させる設備をどの位活用したのか、そもそも、あの電力需要グラフにみる100パーセントラインとはどこまでの設備を使用したものなのか、本当にそれ以上の供給が出来ないレベルだったのか、さっぱり分かりません。
鉄道では節電と謳って、駅の照明の一部を消して足下を薄暗く危険な状態にし、車内の蛍光灯も間引いて本も読みづらくしていますが、その一方で上の写真にあるように、何時間もの間、操車場に停車した車両の照明を付けっぱなしにしてコンプレッサーが音を立てています。
こんなことでいいのでしょうか、毎日あの車両はそういう状態で停車していますよ。客には平気で不便をおかけしています、といいながら・・・・・

なべさんちは、3年程前にオール電化で新築しました。導入当時は経済性に於いて有利だと言うことでしたが、ここへきて電気料金を値上げするだとか、ふざけたことをのたまわっていますが、非常に腹立たしいかぎりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック